クローブで手作り虫除け 2(完成)

いらっしゃいませ!Jellyです。


前の投稿で、「簡単手作り虫除け作ってます」とアップしました。

完成しました!

やっぱり、少しくらいはおしゃれな容器に入れたいな・・・


などと考えて、百円均一のお店「seria」へ!

クローブ虫除け完成-(1).jpg

スプレータイプのアトマイザーで悩んだのは、容器の材質。

アルコールがほとんどですから、アルコールの劣化やボトル自体の変形や劣化も
心配で・・。


でも、そういったケミカルなことにはまったく疎いJellyです。(>_<)

幸い、「アルコール液対応」と書かれたボトルがありました

よくわかんないまま、それをチョイス。

ガラス製が安心かと、ちょっとおしゃれなコルク栓のボトルも!

携帯用には、むかーし化粧品店でいただいた、化粧水のサンプルが入っていた

小瓶を用意


オリブ油も友人と半分こする約束だったし・、小瓶に詰め替えるときに

漏斗を買うのもなんだしなあ・・・と、ガラス製の小さな計量カップ

しめて、324円ナリ

ということで、スプレー容器にはオイル無しバージョンを入れる予定
オイルを入れてしまうと、ゴキブリ除けにスプレーしたり車の足もとマットにスプレーするとき

ちょっと困るかも?という理由です


スプレーが詰まってしまうのもヤだしな。。(´-ω-`)

ともかく濾そう!

キッチンペーパーをジャムの空き瓶の口に輪ゴムで固定

虫除け濾過準備.jpg

口部分にたるみを持たせて、へこませておこう!

虫除け濾過.jpg

じゃじゃ〜と注いで、濾過完了!

横着もののJellyは、こぼしてもいいように布を敷いて(笑)。

こぼれた液を含んだ布は、丸めて裏口へぶら下げて「虫こなーず」代わりに使っています(笑)

早速、ガラス製の小さな計量カップへ小分けして、それぞれのボトルへ

クローブ虫除け完成-.jpg

seriaでは、アトマイザーへの小分けには、注射器が揃えられていましたケド。


携帯用の小さなボトルへは、適当にオリブ油を入れて

虫除け容器小.jpg

全部で250CC弱の虫除け液完成です!

ビンに残ったクローブは、プリンが入っていた陶器の器に入れて玄関へ!

乾燥したら、少しずつ液を振り掛けようと思っています。

クローブの香りがほのかに漂うのがいい感じです。

体用には、オイルをその都度足してボトルへ充填する予定です

で、効果は?

アルコールなので、やはり長時間は無理のようです。

1〜2時間くらいかなあ。

畑や庭に出る前に、足首、手首。。肘、ひざの裏側に、ちょんちょんとつけてみました

確かに蚊は来ない気がします。

今度はやぶ蚊がわんさかいる場所に行って夕方の時間帯で試してみようと思います。

オイルを入れていない液を、布にしみこませて、ポプリのように袋に

入れて、ぶら下げるのもアリかもしれませんねえ。

ちなみにハッカ油も虫除けに効果があるそうです

しかし、ハッカ油も精油なので蒸発するのが早く

長時間は持たないみたいですね。

公園のベンチで座っていたら、小さなアリの行列がありました

蟻にも効果があるのかな?と、スプレーしてみたのですが

蟻さんはクローブの香りはへっちゃらみたいでした(>_<) ごめんね


蚊とゴキブリには効果があるということなのですが。。

クローブ虫除け完成-(17).jpg

蚊の活動が活発な夕方に、使ってみて確認できたらアップしますね〜。


使ってみました!


うう〜〜〜ん。

蚊は寄ってこないような、、気もします。

現在は、玄関に漬けこんだグローブをプリンの陶器に

入れて、お香代わりに置いています。

玄関の出入りとともに侵入する蚊はないような・。

「吊るすだけ」的なのと同じくらいかもしれません(笑)




でも、浜手のでっかい「蚊?」は寄ってきている気もします。(笑)

ご安心を!


万一さされてしまったらコレ!


NEW エクストラクター ポイズンリムーバー




まだ自分では使っていませんが、山歩きしている人が

「こういった吸引器??は持っている方が良い」とのこと

やぶ蚊に刺されたら、結構ひどく腫れてしまったり

でも、速攻で吸引したらかなり楽なようです。

山ガールさんや農ギャルさん?は、虫刺され跡もつきにくくなる

そうですので、持っていらした方が良いかもしれませんねえ。


ASPILABO(アスピラボ) アスピブナン APV1100000




いつも見てくださってありがとうございます!

facebookページもぽちっとしてくださったら嬉しいです!(^^)

よろしくお願いいたします。




【動画チャンネルはこちらから】




posted by JellyBeans at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック